鍼灸治療について

ホーム  »  治療コース  »  鍼灸治療について

自然治癒力を高めて身体や心の不調を取り除きます

 鍼治療では、手では届かない位置にある深部の筋肉にアプローチすることが出来るため、コリが酷い状態をほぐし、自律神経を改善させることで身体の調子を整えることができます。
 ひどいこりや痛みには、鍼が効果を出し易いです。 また温かく痕が残らない温灸と皮内鍼、置き鍼(刺さない鍼)を中心に治療も出来ます

 「鍼」と聞くと痛そうなイメージをお持ちになる方が多いと思いますが、実際は髪の毛と同等もしくはそれ以下の細い鍼を使用します。決して注射のような刺激はありませんので、痛くはありません。
 もし試しに打ってみて我慢できないようなら別の治療法を提案できます。ご安心下さい。
 鍼は全てディスポーザブル(使い捨て)使用、カーテン等仕切りがありますのでご安心下さい。
 鍼灸治療は痛みや不調が出た時はもちろん、体調が良いときのメンテナンスとして施術することで高い効果を発揮します。症状が酷く改善されない方、他院に通院しているがなかなか治らないという方、是非当院の鍼灸治療を受けてみて下さい。
美容のための鍼灸「美容鍼」はこちらをクリック

鍼灸治療はこんな方に“ぴったり”です

・ギックリ腰を早く治したい
・椎間板ヘルニアの諸症状で悩まされている
・むち打ち後の後遺症で悩んでいる
・病院では何でも無いと言われたが辛い症状で悩んでいる    

・慢性的な腰痛の症状を少しでも軽減したい
・脊柱管狭窄症の諸症状を軽減したい

・マッサージ店に通っても改善しない
・痛み止めに頼って生活している
・度々起こる頭痛で悩んでいる
・脳梗塞の後遺症状を緩和したい

*他にも鍼灸を受けている患者様は多くいらっしゃいます

鍼に対して不安がある方へ…

痛みはないの?というご質問について

鍼を受けて頂くのが初めての方や、鍼が苦手な方でも安心して受けて頂ける4つの理由がございます。

①鍼の細さ

当院で使用する鍼は最少で0.1mm程度と、おおよそ髪の毛くらいの細さで無駄に組織を傷つける事なく狙った場所だけピンポイントに刺激できます

②鍼の先端が丸い

痛覚を極力刺激せずに鍼を刺入するために鍼の先端が丸く設計されています

③鍼の切れ味

欧米を含め世界各国で使用されている世界最高水準を誇る日本製の鍼は、切れ味が良く余計に組織を傷つけないので痛みが少なく内出血もおきにくいのが特徴です。

④鍼管を使用

日本で発明された『鍼管』というストロー状の管を使うことにより痛覚刺激を抑えながら体内に鍼を刺入することが出来ます

なぜ鍼は効くのか

鍼治療は鍼の刺激によって、自律神経系、内分泌系、免疫系に作用し生理的な生体反応により筋緊張の緩和、痛みの抑制、血液・リンパ液の循環の改善や自然治癒力の向上を促進する治療法です。

 ①ゲートコントロール

鍼の刺激が脊髄に作用して痛覚刺激を抑制します 

②エンドルフィン

鍼の刺激が鎮痛物質の遊離を促進し痛覚を抑制します 

③末梢神経の遮断効果

鍼の刺激が末梢神経の痛覚の伝導を遮断して痛みを緩和します 

④痛覚閾値の上昇

いわゆる経穴(ツボ)や特定の反応点を鍼によって刺激することにより痛みを感じるセットポイントを引き上げ痛みを感じにくくします 

⑤血液・リンパ液の改善

鍼の刺激により筋肉の反射作用により、筋緊張を緩和し、血液やリンパ液の流れを改善し全身60兆個の細胞に新鮮な栄養を体の隅々にまで運んでもらいます

お灸とは

もぐさというヨモギの葉を精製したものに点火して心地よい温熱刺激を与えることで大きく分けて三つの作用を引き出します

①血液の質を向上
お灸の温熱刺激には赤血球の数を増やす効果があります。酸素や栄養素を全身に運んでくれる赤血球の数を増やすことで血流が良くなるだけでなく血液の質も高めます

②治癒の促進
お灸の刺激には血小板の働きを活性化させる働きもあり、外傷だけでなく身体内部の壊れた組織の治癒も促進出来ます。

③免疫力の向上
お灸の刺激で、私たちの身体を外敵から守ってくれる白血球の数も増やすことができるので免疫力も格段に高まります。

整体(手技療法)との併用が効果的です

筋肉や自律神経に働きかける鍼灸治療は整体との共通点があり相性がとても良く、治療効果も高まり早く症状を回復させてくれます。

*当院の鍼灸治療では15分程度の手技療法を同時に行います。症状がきつい方やしっかりと施術を受けたい方はトータルバランスコースをおすすめします

あなたの自然治癒力を最大限に高めます!
羽鳥野接骨院鍼灸院 ℡0438-40-4555

ページの先頭へ