健康保険の取り扱いについて

ホーム  »  治療コース  »  健康保険の取り扱いについて

保険適用施術について

 日常生活で発生したケガや急な痛みは保険が適用となります。
 代表的な例ですとぎっくり腰やむち打ち、捻挫、肉離れなどです

 
  
慢性的な症状でお困りの方は健康保険のご利用ができません。
交通事故治療によるお怪我は通常、自賠責保険を利用します。交通事故のページをご覧ください

交通事故治療のページはこちら

健康保険の取り扱いについて

 当院では健康保険のご利用が出来ますが、病院とは保険の適用範囲が違い、捻挫、打撲、筋肉や筋を痛めたなど痛くなった日や原因が明確な場合です。
  

*保険適用の一例
・作業、運動等で急に痛くなった

・足をひねったりしてけがをした
・荷物を持とうとして腰を痛めた
・滑って転んだためにけがをした
・子供の肘が外れた

・交通事故によるむち打ちやケガ(自賠責適用)

*保険が適用できない方の例
・日常生活における疲労や肩こり・腰痛
・スポーツによる筋肉疲労・筋肉痛
・神経痛・椎間板ヘルニア・オスグット病などの疾病
・治った後やメンテナンスの為のマッサージ目的での通院
・整形外科や病院で治療を受け、同じ時期に同じ部位の施術を接骨院でも併用して受ける場合【重複受診】

症状が発生した日が不詳、原因のはっきりしていない慢性的な肩こりや、腰痛、スポーツ選手の定期的なメンテナンス(痛くなる前の施術)は自由診療(整体等)で対応いたします。 
 なお「こんな場合は保険が効くの?」と言ったご相談は当院までご相談ください

保険施術に関するご質問

Q、ぎっくり腰は保険が使えるのですか
…ぎっくり腰は正式には急性腰痛、腰部捻挫と言って健康保険の適応となります。早期回復に向けてサポートさせて頂きます

Q,交通事故にあってしまったのですが
…交通事故の時は通常、自賠責保険、任意保険を適用して施術を行うことが多いです。手続が必要な場合があり事前にご相談いただきたくお願いいたします

Q,学校の部活動でケガをしてしまいましが診て頂けますか
…保険対応は出来ますが、学校でのケガは医療証(こども医療証など)のご利用が出来ません。一度負担金をご負担いただき、学校安全会などの請求を願います

Q,持病や加齢による肩や腰の痛みが慢性化して痛みが取れない場合は健康保険は使えますか
…接骨院では負傷原因が不明な肩や腰の痛みは健康保険のご利用は出きません。全額自己負担となってしまいます

Q,数年前に治った箇所が再び痛み出しのだが健康保険は使えますか
…痛みが自然と発生したものは保険の対象外となります。示談した後の交通事故の後遺症や慢性疾患への施術も保険の対象外となります

Q,スポーツ疲労や筋肉痛でも保険が使えるのか
…負傷原因がはっきりしている筋肉の疼痛症状には保険は使えますが、疲労回復の為の施術には保険のご利用は出来ません。また、マッサージ目的、もみほぐし目的での施術も保険のご利用が出来ません

Q,他の病院で治療して良くならなかったので転院をしたいのだが
…お怪我の場合は原則保険の対象となりますが、湿布や飲み薬を処方されている場合は重複治療にあたり後々保険外と認定される場合があります。また1か月以上前の受傷など症状が慢性化している時も保険で対応できない場合があります。ご不明な点はお電話等でかまいませんのでご来院の前ご確認頂ければ幸いです

Q,試合が近いので身体を整えてほしい時は保険は使えますか
…お怪我による症状が無い時は健康保険のご利用が出来ません。自由診療にて賜ります

Q,痛くても保険が使えないときがあるの?

…接骨院では急性のケガが保険対象となります。慢性的な症状は整形外科が保険治療の対象となります

美容鍼・美容整体・身体の痛み・交通事故対応
羽鳥野接骨院鍼灸院 ℡0438-40-4555

ページの先頭へ