産後の骨盤矯正

ホーム  »  美容コース  »  産後の骨盤矯正

このような方に産後の骨盤矯正をおすすめします

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 産後から腰痛に悩んでいる・・・
  • 産前の体重・体型に戻らない・・・
  • 産後なかなかお腹がへこまない・・・
  • 産後から尿漏れが気になる・・・
  • お尻が大きくなりズボンがきつくなった…
  • 授乳時やだっこでの肩こりや腰痛…
  • 恥骨(ちこつ)が痛い…
  • 股関節が痛い…
  • 冷えやむくみがある…
  • 出産後、上記のようなお悩みを抱えている方は多いと思います。

    産前から産後にかけて、母体にはたくさんの変化が起こっているのです。
    その変化一つとして、骨盤のゆがみが挙げられます。
    骨盤がゆがんでいると、さまざまな身体の不調が起こりやすくなります。

    ≪産後の骨盤矯正はいつから受けるべき?≫
    産後2ヶ月~6ヶ月の間に骨盤矯正を受けるのがベストです。

    当院の産後骨盤矯正について

    当院の産後ケアは骨盤矯正を含んだママの為のトータルケアです。

     当院では『骨だけにアプローチする骨盤矯正』ではなく『正しい位置に筋肉と骨格を戻す事』を焦点にしています。

     

    産後の矯正では、通常の骨盤矯正に対して、出産により開いてしまった骨盤やうまく機能していない筋肉への再教育など『締めるケア』が重要です

    また、授乳姿勢などにより、丸まってしまった背中や腰部痛へのケアも必要と考えています。

    当院の産後骨盤ケアは“身体を締める”“悪化姿勢の改善”“疲労回復”などを含んだ産後ママのお悩みをトータル的に診たケアです。

    ポイント

    ①産後骨盤矯正を含んだトータル的なケア

    骨盤矯正法とコアトレーニングを合わせて行う事で矯正の効果が持続します。締める治療をモットーに出産前の体型に戻す、もしくは理想的な体型を造りだすためのケアを行います。

    腹横筋をはじめとする最強のインナーユニットを目指しましょう。 

     

    ②脊柱の姿勢回復

    妊娠中や育児により悪化した円背を正しい姿勢に戻すためのケアを行います。

     

    ③EMSによる効率の良いトレーニング

    エステサロンなどでは使う事の出来ない医療用EMSを使って筋肉を刺激しコアトレーニングを行います。併用することにより通常の運動に比べ効果が増幅します 

     

    ④ウォーターベッドによる疲労回復

    ご希望によりウォータベッドマッサージ器を受けて頂く事が出来ます。水圧刺激による心地よいマッサージ器です。心地よい刺激により、疲労回復や自律神経が整う効果もあります

    骨盤の歪みはなぜ起こるのか

    ①ホルモンバランスの急激な変化

    妊娠中から産後までお母さんの身体の中では、さまざまなホルモンの分泌が急激に変化します。その中に、妊娠3ヶ月~産後6ヶ月(※個人差がございます)まで分泌される「リラキシン」というホルモンがあります。リラキシンというホルモンは、骨盤の靭帯を弛緩させ、恥骨結合を柔らかくする作用があります。靭帯が弛緩しているということは、産後6ヶ月までは骨盤がゆがみやすい状態になっているということです。

    ②筋力低下

    出産後最もダメージが大きいと言われているのは、骨盤の底を支える筋肉「骨盤底筋」です。骨盤底筋は骨盤内の内臓を支える働きをしています。妊娠中は、重い胎盤、羊水、そして赤ちゃんの体重を骨盤の底で支えるので、骨盤底筋はどんどん伸び、 弱くなっていきます。また、「腹筋(腹直筋)」にも影響があります。妊娠後期になると腹直筋は伸びきって薄くなり、ほとんど機能しない状態になってしまいます。
    腹直筋の筋力低下と共に、リラキシンというホルモンによって、腹直筋の中心に走る「白線」という腱が緩んできます。すると腹直筋が2本に割れ、「腹直筋離開」を引き起こします。これは赤ちゃんの成長に伴ってお腹が大きくなるために起こることで、妊娠女性の9割がなると言われています。産後、徐々に戻っていきますが、修復する前に間違ったトレーニングをしてしまうと元に戻らなくなってしまうこともあり、注意が必要です。

     

    ③姿勢の変化

    授乳姿勢、新生児の世話、ライフスタイルの変化、精神的な変化により、産後の姿勢は骨盤が後ろに傾き、背中が丸くなるような姿勢になります。いわゆる「猫背」の状態になり、肩こりや腰痛を引き起こす原因にもなります。

    育児などによる腰痛や腱鞘炎でお困りの方

    産後に腰痛や臀部痛、腱鞘炎などによりお悩みの方も少なくないとは思われます。
    特に授乳中は強い痛み止めが服用できないため、疼痛症状に苦しんでいる方も多数いらっしゃり、矯正治療よりも痛みを緩和する治療を優先する場合があります。
    このような時はハイボルテージなどの電気治療、鍼灸などをおすすめさせて頂きます。お身体への副作用はございません。何もできない事はありませんので我慢せずに安心してご相談下さい(妊娠中の電気治療は出来ません)

     

    あなたの自然治癒力を最大限に高めます!
    羽鳥野接骨院鍼灸院 ℡0438-40-4555

    ページの先頭へ