ギックリ腰

ホーム  »  症状別  »  ギックリ腰

急性腰痛(ギックリ腰)

重いものを持った際や、動き始め、くしゃみなどにより腰がギクッとなって負傷するするのが俗に言うギックリ腰です。

どちらかと言えば重いものを持つときなど、心の準備が出来ていた時よりも、不意を突かれた時に発症することが多く、別名『魔女の一撃』とも呼ばれています。

特徴として受傷直後はさほど痛みを感じないようですが、時間がたつにつれて炎症(腫れ)が増してくる為に、だんだん痛くなり動きづらくなることが多いようです。

通常は筋肉や靱帯など軟部組織の損傷であることが多いのですが、痛みの発生状況などにより、腰椎の骨折や椎間板ヘルニアなどが起因している場合もありますのできちんとした鑑別が必要です。

急性腰痛の治療方針

万が一ギックリ腰のような兆候がありましたら、先ずはケガ治療の原則通り『安静』『冷やす』事が基本となります。

もみほぐしたり、温めるようなことは逆効果の事が多いです。ほとんどの方が悪化しますので先ずは安静にして様子をみることをお勧めします。

当院の治療では、ハイボルテージや立体動態波などの電気治療器を使って先ずは『早く痛みを緩和させること』と同時に動けるようになるように動きをつけながら電気治療を行います。

鍼治療も鎮痛作用があり効果的です。鍼治療は同時に微弱電流をかけることもできます。合わせて行う事で相乗効果が見込めます。鍼治療をご希望の方はお声掛け下さい。

急性症状(ズキズキした痛み)が数日で低下してきても痛みは残存しており患部は治っていません。鈍痛症状に変わってきましたら身体の状態を再評価し腰部に負担がかかっていた原因をしっかりと特定し、原因となった筋肉を緩めたり、可動域を改善するための治療を行います。

鍼灸と微弱電流の併用が効果的

特殊電気治療は鍼灸との併用治療が出来ます。ともに鎮痛作用に優れているために相乗効果が見込めます。

鍼に対して苦手意識がある方は物療や手技療法だけでも治療を行うことが出来ます。
『置き鍼』というシールのような鍼を貼ったままにしておくことも出来ます。治療後も長さ1ミリ以下の鍼でまったく鍼刺激はありません

このような方に当院がぴったり

①早く良くしたい
⇒ハイボルト治療や鍼灸など早く良くするための治療法が出来ます

②病院では何もしてくれなかった、痛み止めに頼りたくない
⇒ハイボルト治療は病院などで行う“神経ブロック”“痛み止め”と同じような効果があります

③ギックリ腰を度々繰り返してしまう
⇒身体の歪みやバランスが崩れている場合があります。それらを整える事で腰の負担が減りギックリ腰を起こしにくくなります

あなたの自然治癒力を最大限に高めます!
羽鳥野接骨院鍼灸院 ℡0438-40-4555

ページの先頭へ